廃車とリサイクル預託金について

車を購入するときのリサイクル預託金とはなにか

車は購入し、古くなったり動かなくなった時には「廃車」という処分を行うことになります。
リサイクル預託金というのは、車の購入時に支払うものですが、実際には「廃車」をするときに必要になるものです。
内訳をみてみると以下のようになっています。
1.シュレッダーダスト料金
2.エアバッグ類料金
3.フロン類料金
4.情報管理料金
5.資金管理料金
帳簿上の仕分けの仕方で悩む事業者さんは多いようですが、購入時の費用として計上できるのは5.資金管理料金のみで、あとの1~4に関しては購入時には「預け金」「前払費用」「預託金」として計上しておくものなのだそうです。
車を廃車ではなく売却するといった時には車だけではなくリサイクル兼も併せて譲渡することになります。

リサイクル預託金は廃車するときはどうなるのか

廃車にする時には「リサイクル預託金」の支払いが必要、という記載もありますが、実際には特別な事情などがない限り、みなさん購入時に支払い済みですから、再度支払う必要はありません。

ただし購入時に支払いをしていないというケースでは、廃車にするとき、もしくは売却時に支払うことになります。
廃車にする時には購入時に費用としてではなく計上していた残りのリサイクル預託金の項目をここで新たに帳簿に起こす必要もでてきますので、事業者さんは間違いのないように気を付けていただければと思います。

最新記事